アナログ・ドライ・スルーって何?

 新ブログでは、アーティストAbeReiとしての内容と、音楽教室の内容を統一し、もっぱら音楽にまつわる「なるほどな」知識について語って行きたいと思います。

 音楽や機材について、基礎的なことを解説してくれてるサイトはたくさんあるので、ここでは、一般的にあまり触れられていないこと…多少専門的になってしまうこともありますが、極力分かりやすく解説してみたいと思います。

 第1回目はアナログ・ドライ・スルーって何?いきなり専門的ですが(笑)、ギターのエフェクターの話です。とはいえ、アナログとデジタルって何が違うの?という話もします。

単体のコンパクトエフェクターに比べて、マルチエフェクターはつないだだけで音が変わってしまう」という経験をしたことがある人は少なくないと思います。ざっくり言えば、A/Dコンバーター(アナログからデジタルへ変換する回路)の仕業でしょう。

 ご存知のように、デジタルは音や画像の分野で様々な処理を可能にし、大変便利ですが、「元の音に忠実か?」という点だけに絞ると、特に楽器の音は中々厳しいものがあると思っています。人によって様々な感じ方はあると思いますが、A/D変換をしたギターの音は「中低音の暖かな膨らみが失われる」「高音が耳触りで、長時間聴くと聴き疲れする」と、私はどうしても感じてしまいます。

デジタル 波線

 よく、「レコード(アナログ)に比べて、CD(デジタル)の音は硬い」と言われますが、それは、ある意味当然とも言えます。レコードは、このような溝(波形)を針でなぞっているわけですが、それは一本の線でもあります。一方デジタルは、これを無数の点で表わし、それを更に数字に置き換えて記録している。点の集まりが、離れて見ると線に見えるように、音も、本当は切り刻まれてるのに、繋がってるように聴こえてるだけ。技術の進歩により、限りなく点は細かくなったけれども、どこまで行ってもそれはやはり繋がっていない…腕の見せ所は、どれだけ滑らかにできるか?という作業になる。

 実は、私自身も昔はあまり気にしていなくて、様々なデジタルエフェクターを積極的に使っていた時期があります。ところが、ある時どうしてもギターの音の「硬さ」が気になり始めて、「それは知らないうちになされてるA/D変換のせいじゃないのか?」と思うようになり、手持ちのエフェクターを何度もつなぎ変えて実験してみました。じっくり比べてみると、明らかな違いがあることに気づきました。

 それが確信に変わったのは、StrymonのTimeLineというエフェクターの説明文を読んだ時です。

>>アナログ信号は、オリジナルサウンドを一切劣化させないアナログ回路を採用し、アナログ信号はアナログのままミックスされます。
>>アナログ・ドライ信号、”0”レイテンシー・ドライ信号(原音はADされません)

 なるほど…言葉で読むと何だか分らないかもしれませんが、図で書くと、こういうことです。

A:D コンバーター

 上の図では、ギターの元の音(ドライ音)までが、A/D変換(赤い線)そしてD/A(デジタルをアナログへ)変換されてしまっています。この辺りは、ほとんどのメーカーがハッキリ明示していませんが、単体のコンパクトエフェクターでも、デジタルのリバーブやディレイはこの可能性が非常に高いようです。

 下の図では、あくまで元の音はアナログのまま。Strymonの他はTC Electronicが、この点を強くセールスポイントにしています。アナログ回路で高いクオリティを保つ方が、きっとコストがかかるのでしょうね。

IMG_6524
 これは前回のブログの写真ですが、手前のがStrymonのTimeLine、赤いのがTC ElectronicのHall of fameです。

 デジタルにはデジタルの良さが、アナログにはアナログの良さが…もちろんどちらにもデメリットはありますが、双方の利点を生かし、共存していこうという姿勢の製品は、やはり出音も美しい。










中野Bar HamletsでのLIVE

 12/6の日曜日に、【ミニアルバム『Campanula』発売記念、YURI & AbeRei Xmas Joint Live】が行われました。ジョイントライブとはいえ、ずっとギターを弾いてるので、実質ワンマンのような企画ライブはとても久しぶり。東京でライブをすること自体、実に2年振りでした。

 Bar Hamletsは、朋友のDundeeこと大間君が、イケメンバーテンの今福君と一緒に先月OPENしたばかりのお店。開店3日めぐらいかな?渋谷で仕事があって、ついでに寄ろうか、と思ったけど体調があまりよくなくてそのまま帰るかどうか迷っていた所、なんと目の前に中野行きのバスがいいタイミングで現れた(笑)人生とはそういうものだろう。そのまま飛び乗らなかったら、今回ここでライブをやる流れになっていなかったかもしれない。

「また昔のように、自分たちの好きなように企画ライブやりたいね」というDundeeの言葉に、自分は大きく頷いた。

 バーとしては決して狭くないけれど、ライブハウスと比べたら大きくはない。既に予約で満席でしたが、「どうしても観たい」というご要望に応え、直前に2席増席して頂きました。そういう融通が効くのも、ありがたい。

IMG_6522

リハーサル中はまだ明るくて、こんな様子

IMG_6524

<本日のイクイップメント>

 ピックアップを大改造してから、安定してきた感のあるGibson ES-125 (’62)と、Fenderのfrontman Amp。今までは8インチのスピーカーをずっと使ってたけれど、それだとどうしても、CDではアコギで弾いている『花びらのように』のキレが出ない… 6インチというとても小さいスピーカーのAmpを新たに購入した所、とてもスピード感が出るようになった。

 もともとのキャビネットは密閉型で、小出力のわりにはとてもパンチはあったのだけど、いかんせん中音域に妙なピークが出て聴き疲れがした。これで90分の演奏はキツい… そう思ったので後ろの板を外して開放型にした所、いわゆるフェンダーの「カラっとした音」に変わった。60年代初期の音をイメージして、ツマミもヴィンテージタイプのものに交換。見た目でも音は変わるからね(笑)

マニアック話はこれぐらいにして…さあ、本番

CViUbXtU4AA9v4Z


<セットリスト>

1. そらいろの物語 (YURI『PRESENT』)
2. 花びらにのせて (YURI『PRESENT』)
3. きみの風 (YURI『PRESENT』)
4. 〜lullaby〜(YURI『PRESENT』)

5. 風の環 (AbeRei『風の環』)
6. 心の目、心の涙 (AbeRei『the Best Choice of aberei』)
7. 記録 (AbeRei アルバム未収録)

8. Happiness is Growing (AbeRei『the Best Choice of aberei』)
9. サフラン (AbeRei『the Best Choice of aberei』)

10. 月語り (YURI『Campanula』)
11. さよならが言えない (YURI『Campanula』)
12. Prologu〜序章〜 (YURI『Campanula』)
13. Snow Xmas (YURI『Campanula』)
〜アンコール〜
14. 夏のように (AbeRei『風の環』)
15. Happy Rain Happy Chain (AbeRei アルバム未収録)

IMG_6526



ツーマン・ライブ(対バン形式)でもなくユニットでもなく、ジョイントライブというのは初の試みで、曲順の決め方もかなり苦労したのだけど、楽しんで頂けたのなら何より。アイデアは尽きないので(笑)、またの機会が楽しみです♪

次はいつかな?